ヘルペスとは?

デリケートゾーンのかゆみ解消法

ヘルペスとは「ヘルペスウィルス」というウィルスが皮膚や粘膜に感染して起きる感染症です。単純ヘルペスウイルスは、体のどの場所にも感染し、皮膚に水ぶくれを起こします。

 

また、一度感染すると治療しても完全にウィルスを体内から取り除くことはできず、細胞の中にウィルスが隠れていて体力が落ちたときなどに再発します。

 

ヘルペスウイルスには、幾つか種類があります。 性感染症の性器ヘルペスは「単純ヘルペスU型」というウィルスが原因ですが、口唇ヘルペスは「単純ヘルペスT型」が原因です。

 

しかしオーラルセックスが普通になるにつれて単純ヘルペスU型が原因の口唇ヘルペスも増加しています。 口唇ヘルペスは幼い時に母親から感染することが多い病気ですが、成人してから食器などを媒介にして感染することもあります。

ヘルペスは子供も感染します

ヘルペスは、大人の病気というイメージがあるかもしれませんが、ヘルペスは感染症なので、子供にもうつります。 口唇ヘルペスをもっているお母さんは、特に症状が出ているときは子どもや家族にうつさないように注意する必要があります。赤ちゃんとの過剰なスキンシップを避けるほか、患部を触った手で食器に触れたりしないように注意しましょう。

 

会社などでの日常的な接触で感染することはほとんどありませんが、症状が出ているときはウィルスの活動が活発でコップやタオルを媒介にして感染する可能性があります。 ヘルペスウイルスの感染力は強いですが、はじめて感染した時は症状が出ないことも多く、ほとんどの人は、知らない間にこのウイルスに感染しています。

口唇ヘルペスの症状は?

口唇ヘルペスの症状は、唇や口の周りにヒリヒリした痛みが出て、やがて赤く腫れて水泡ができます。この時期に無理に水泡をつぶすと治りにくくなり、大量にウィルスが外に出るので人に感染させるリスクが大きくなりますので、潰さないようにしましょう。

 

水泡はやがて乾いてかさぶたになり、症状が出てから2週間ほどでいったん症状はおさまります。 口唇ヘルペスのウィルスは神経細胞に潜伏するので、免疫機能で完全に退治することはできません。潜伏しているときは症状を起こしませんが、過労などで体力が弱り免疫が低下すると増殖し始めます。

口唇ヘルペスの治療は?

口唇ヘルペスは放置しても2週間ほどで症状は消えますが、抗ウィルス薬の内服薬や外用薬を使うと早く治ります。 内服薬には抗ヘルペスウィルス剤の塩酸バラシクロビルを有効成分にした「バルトレックス」、「ゾビラックス」があります。この薬は口唇ヘルペスだけでなく、性器ヘルペス、帯状疱疹、水ぼうそうにも効果があります。

 

再発の症状には同じ成分の効果的なヘルペス外用薬(ゾビラックスクリーム)もあります。何回か再発の経験をくり返すと、唇のピリピリした感じなどで再発の予兆を感じ取ることができます。この段階で薬を使用すると症状が軽く済みます。

 

ヘルペスは体力が落ちたときなどに再発するので、日頃から疲労やストレスを溜めない 、 紫外線を避ける 、唇の乾燥を防ぐ、十分な睡眠、バランスのとれた食事をするよう心がけましょう。

感染症を治療するお薬

バルトレックス500mg

ゾビラックスジェネリック400mg

ゾビラックスクリーム

ヘルペスウイルスの増殖を抑える作用があります。有効成分の塩酸バラシクロビルは体内で抗ウイルス作用をもつアシクロビルに変化します。 単純ヘルペスウィルス、帯状疱疹等のウィルスなどに高い効果が期待できるお薬です。ヘルペスウイルスの増殖をおさえますので、ウイルスの少ない発症初期に用いると効果的です。 ゾビラックスクリームは通常、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの単純疱疹の治療に用いられます。症状が出てからできるだけ早くに使用を開始するほうが、治癒までの期間を短くできます。

詳細はコチラ

詳細はコチラ

詳細はコチラ